知的財産権とビジネス

前回のForms

教科書の全項目

書籍「キーワードで学ぶ 最新情報トピックス 2018」

IT分野のキーワードを幅広く解説しているテキストで、1つのトピックについて、誰でもわかる概要と一歩踏み込んだ解説の両方を2ページに凝縮しているので、気になるキーワードだけを拾い読みすることができます。 多くの大学で、情報リテラシーのテキストとしてご採用いただいています。

  • 久野靖、佐藤義弘、辰己丈夫、中野由章 監修
  • B5判 200ページ
  • 価格:1,296円(税込み)
  • ISBN:978-4-8222-9226-3
  • 発行:日経BP社
  • 発売:日経BPマーケティング

収録トピック一覧

インターネットの活用

LINE/FacebookとSNS/TwitterとInstagram/ブログとCMS/まとめサイトと2ちゃんねる/YouTube とニコニコ動画/クックパッドと価格.com/Yahoo!知恵袋とQ&Aサイト/検索サイト/Wikipedia/メールコミュニケーション/ネットショッピング・ネットオークション/ネットワーク共有とクラウドストレージサービス

情報倫理とセキュリティ

情報セキュリティ/コンピュータウイルス/ネット詐欺/迷惑メールとスパム/暗号化/パスワード/ネットワーク利用の際のリスク/メディアリテラシー/個人情報と情報社会の法/知的財産権/著作権▼今日はここ!

わたし達が生きる情報社会

情報システム/産業システムとICT/電子マネー/ビッグデータ/人工知能(AI)/ロボティクス/身近な機器のコンピュータ/センサーと計測制御/VRとウェアラブルデバイス/教育と情報活用/ユニバーサルデザイン

情報やメディアに関する技術

二進法/ビットとバイト/標本化・量子化・符号化/エラー検出とエラー訂正/文字コード/フォント/アプリ(アプリケーション)/オフィスソフト/PDF/オーディオファイル/画像ファイル/動画ファイル

ネットワークやインターネットに関わる技術

サーバーとネットワークサービス/インターネットの仕組み/TCP/IP/ドメイン名/WebページとHTML/WebサーバーとHTTP/Webブラウザ/電子メール/LANとWi-Fi/携帯電話網/ブロードバンド

ハードウェアに関わる技術

コンピュータの基本要素/論理回路/パソコンの内部/スマートフォンとタブレット/ハードディスクとSSD/リムーバブルメディア/ディジタルカメラとイメージスキャナ/入力装置/ディスプレイとプリンタ/USBなどのインターフェース/ディジタルオーディオプレーヤ/4Kテレビ

ソフトウェアに関わる技術

オペレーティングシステム(OS)/アルゴリズム/プログラミング言語/コンピュータとシミュレーション/ユーザーインタフェース/データのモデル化/データベース/クラウドコンピューティング

コンピュータの歴史と現代のIT業界

コンピュータの歴史/Google/Apple/Microsoft

本日勉強する範囲は教科書56-59ページ。

予習してありますか? 復習していますか? 大学の勉強は暗記だけではないので、一夜漬けでは間に合いません。期間内試験に入ればわかります。それに、この種の基礎科目はたんに試験と単位のための勉強でもなくて、これから大学で学ぶ前提となるものですから、ここでつまずくとあとあとの授業がさっぱりわからず、おもしろくもありません。すでにそう感じている人は授業に対する考え方を変えた方がいい。それと予習復習を習慣にしておいた方が楽です。こういう授業はペースメーカーにすぎないと考えて下さい。学ぶのはあなた自身です。

おっと、教科書をお持ちでないあなた。Kindleでゲットして下さい。

http://amzn.asia/d/5EeO0kD

IMG_1307

日本の法律については、この本を参照のこと。すでに法律があるので法学の領域になる。
ビジネスは合法的でなければならないので、すでに存在している創作物やアイデアやデザインを利用するときは事前に知的財産権の有無について調べる必要がある。そうでないとプロジェクト全体が吹っ飛んでしまいかねない。

前掲書5-6ページより。

テクノロジー関連

発明→特許権(特許法)
考案→実用新案権(実用新案法)
意匠→意匠権(意匠法)
トレード・シークレット(不正競争防止法)
植物新品種→育成者権(種苗法)
半導体レイアウト→集積回路配置利用権(半導体集積回路の回路配置に関する法律)

マーク関連

商標→商標権(商標法)
商号→商号権(商法、会社法)
周知・著名商品等表示→不正競争防止法
商品形態→不正競争防止法
地理的表示→地理的表示法

アート関連

著作物→著作権・著作者人格権(著作権法)
実演等→著作隣接権(著作権法)

その他

有名人の名前や写真→パブリシティ権
タイプフェイス
遺伝子資源
先住民族の伝統的知識とフォークロア

技術的背景:アナログからデジタルへ

デジタル技術によって複製が容易でしかもコピーを重ねても劣化しない。

属地主義の限界

著作権

沢田知可子「会いたい」のケース

沢田知可子「会いたい」著作者人格権裁判:原告の主張は正当なのか?

結末

フェアユースとクリエイティブコモンズ

YouTubeの説明

引用の条件

(1)主従関係
(2)明瞭区別性
(3)出所明示

本日のForms:ビートルズのケース

ミッシェル

記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。