Category Archives: 野村ゼミ

3月 282018

ゼミ手帖【2年ゼミ初日キックオフ用】2017年9月配付

平成29年度のプロジェクトの資料集を作っています。別件のために急遽1ページにまとめました。これは後期から始まる2年生ゼミの初日に配付したものと後日追加したものです。学生名は省略してあります。

ゼミ手帖【2年ゼミ初日キックオフ用】2017年9月配付

Read More

6月 42017

野村ゼミ13期生1次選考合格者にメゾメディア工房への招待状を送りました

野村ゼミ13期生1次選考合格者にWorkplace by Facebookへの招待状をKEANのアドレスに送りました。指示通りに登録して下さい。いきなり最前線に投入します。LINEグループはあとで。
明日月曜日は2限からいます。エントリーシートを研究室に置いてきたので、LINEグループは明日つくります。KEANのアドレスに「メゾメディア工房」からの招待状が届いた人は1次選考合格です。30人を登録しました。招待状が来ない人は不合格ですので、そのつもりで次の2次選考に備えて下さい。発表はまだ先ですが。

Read More

6月 22017

野村ゼミ第2次選考

野村一夫 面接はありません。 1 表紙 氏名(よみがなも)と連絡先(すぐに対応できるアドレスかSNSアカウント)。
野村ゼミ希望と明記。
2 自己紹介とこれまでの大学生活(盛る必要はありません)。
3 卒業までの自分の目標(盛ってもかまいません)。
4「これから自分が学ぶべきことは何か」について「私のリスタート」というタイトルで書いて下さい。
5 2年次は土曜3時限目です。その前後にも作業をすることがありますし、3年次も土曜日の可能性があります。また、サマセとスプセにもゼミをやります。大丈夫ですか。事情があれば書いて下さい。原則的に特別扱いは認めませんが、事前相談は受け付けます(メールかSNSか815研究室へ)。
・A4であれば形式も文体も分量も自由。A4プリントの範囲内でセルフプロデュースしてください。手書きでも長くてもかまいません。私を主語にしてすべて自分の言葉(あるいは自分の撮影した写真)で書いて下さい。
・第1次選考ですでに29人の合格を出しました。第2次選考ではA+レベルのエントリーシート提出者のみ合格とします。
経済学部資料室
【6/16(金)正午~6/20(火)正午】

提出したExcelからコピペしましたが見づらいですね。本文をプレーンテキストでコピペしましょう。


教員名 野村一夫
面接はありません。
提出課題詳細
1 表紙 氏名(よみがなも)と連絡先(すぐに対応できるアドレスかSNSアカウント)。
  野村ゼミ希望と明記。
2 自己紹介とこれまでの大学生活(盛る必要はありません)。
3 卒業までの自分の目標(盛ってもかまいません)。
4「これから自分が学ぶべきことは何か」について「私のリスタート」というタイトルで書いて下さい。
5 2年次は土曜3時限目です。その前後にも作業をすることがありますし、3年次も土曜日の可能性があります。また、サマセとスプセにもゼミをやります。大丈夫ですか。事情があれば書いて下さい。原則的に特別扱いは認めませんが、事前相談は受け付けます(メールかSNSか815研究室へ)。
・A4であれば形式も文体も分量も自由。A4プリントの範囲内でセルフプロデュースしてください。手書きでも長くてもかまいません。私を主語にしてすべて自分の言葉(あるいは自分の撮影した写真)で書いて下さい。
・第1次選考ですでに29人の合格を出しました。第2次選考ではA+レベルのエントリーシート提出者のみ合格とします。 経済学部資料室 【6/16(金)正午~6/20(火)正午】
提出方法
経済学部資料室
【6/16(金)正午~6/20(火)正午】


書き方については、このブログをよく読んで下さい。第1次選考では、A+評価からB+評価までのエントリーシート提出者に合格を出しました。「なるべく学びのチャンスを与える」との考えで、すでに29人を合格としましたので、第2次選考は若干名しか合格を出せません。なのでA+評価のみを合格とするつもりです。質量ともに要求水準が高いので、負担が大きいわりにリスキーです。よく考えて他ゼミと比較考量して選択して下さい。

Read More

6月 22017

野村ゼミ13期合格者の概要

ケースマに合否判定を入力しました。エントリーシートを出していながらケースマに登録していない1名を入れると、結局、第1次選考で47名が応募し、29名が合格となります。
内訳を見てみます。ちなみにエントリーシートを読んでいるときはいちいち属性を考えないようにしているので、私も名簿ができた段階で正確に知ることになります。
・学科別
経済学科7名
経済ネットワーキング学科10名
経営学科12名
・男女別
女子20名
男子9名
・コース別
マネジメントコース11名
情報メディアコース8名
その他10名
エントリーシートの課題はこの3期分でまったく異なりますので、期ごとに集まる人の共通点はちがっています。ここ3年、それ以前のサブカル歓迎ムードを一新して以来、ずっと女子が多くなっています。女子を集めると、たいていケンカするので、男女比は半々ぐらいがいいのはわかっていますが、面接なしのエントリーシート一発勝負でやっているので文章力の差がもろに出ます。総じて女子の方が自分語りは得意ですし、このブログをご覧いただければおわかりのように、私も細かく指導するので、それが理解できるかどうかもプロダクツにはっきり出ます。
で、これで終わりではなく、募集要項通り2次募集をします。若干名しか受け容れられないので、A+ぐらいのエントリーシートを提出した人だけにする予定です。3次募集はしません。
今回、合格できなかった人には2次選考で他のゼミに応募できます。野村ゼミにも再応募できますが上記の理由でA+しか合格できないので、ぜひ他のゼミを考えて下さい。これはマッチングの問題です。落ち込む必要はありません。ゼミ応募を諦めないで下さい。
それでも私のゼミに行きたいと思う方は、来年度「情報メディア問題演習」という1セメスター2単位のミニゼミに参加して下さい。今年度から科目演習シリーズが始まっています。「情報メディア問題演習」は担当者の私が派遣研究中なので休講扱いになっているはずです。来年度はやりますので、そちらでお会いしましょう。なので、ゼミには入るようにしておいて下さい。今回のエントリーシートに書いたことを面接で話せばいいんです。

Read More

5月 312017

野村ゼミ募集結果速報

まず、昨夜から今日のお昼あたりまでに書いたFacebook友達限定の投稿とコメントを再録します。
ゼミへのエントリーが46名。このまま坂道シリーズになりそうな数字である。メメ坂46。学部や大学の支援があれば、このままゼミにしたいところなんだが、どうしたものか。他のゼミはせいぜい千字程度だが、うちは例年の合格者は1万字程度なので、みんな必死に書いてきているから落とすのがつらいんだよなあ。ま、とにかく全部読んでから考える。
土曜日のゼミだし、課題が自己分析みたいなもんなので、せいぜい訳ありの10人ぐらいかと予想していたのだが、「土曜日はゼミの日」キャンペーンが意外に効いたのか、それとも説明会当日の先輩たちの熱いトークが刺さったのか。
朝からずっとエントリーシートを読んでいる。途中、知っているクラスの子たちに呼び出しをかけたりしていたが、行きつ戻りつ読んでいる。まだ半分くらいだが中間考察しておく。
・2週間ほどしかなかったと思うが、きわめて多くの人たちが相当量の文章を書いている。もともと自分語りが得意なのか、私の文章指導がいいのか、うちの学生は文章が書けるのか。
・私はあえて大学時代のことを聞いているのに、多くの人が幼少期から書き始めて高校時代の記述が分厚くなっていて結婚式の披露宴のようだ。音楽系とかはわかるが運動系部活での努力を連綿と書かれても私は引くだけである。私は大学時代のことだけが知りたいのだ。
・ゼミ応募なんだから1年生の基礎演習のことを詳しく書いてアピールしてもよさそうなのに、それは少数である。クラスの子たちには他ゼミの面接では基礎演習のことを前面に出して話しなさいと指導しているのであるが。基礎演習、じつは、あまり影響を与えていないのか。
・他方、1年生のキャリアデザインの授業の影響があるせいか、資格取得をもって学生生活の課題としている人がかなり多い。私自身は「資格なんか制度化された世界での役割にすぎない」「ほんとうに君たちがやるべき仕事はまだ資格になんかなっていないんだ」とか言っているので、世界観レベルでマッチするのか考える。
・昔よくいた破滅型のおたくがいない。

資格について何か書いておいたかなと確認してみたが,以下の通り。「想定できるあるあるジャンル(能力)を挙げてみましょう。思いつき順。
英語力、交渉力、コミュ力、文章力、調査能力、テータ読解力、計算力、敏感さ、心のタフネス、協調力、ネットワーキング力、都市的感性、おたく力、想像力、創造力、読書力、雑談力、質問力、ヘルプ力、サポート力、リーダーシップ、フォローワーシップ、シティズンシップ、ボランティア精神、教養(歴史、科学、古典、哲学、地理など)、第2外国語力、コスメ力、女子力、筋力。いっぱいありそうね。」だよなあ。資格には見事に何も言及してないよね。
資格を取るなら、どう見たって野村ゼミ以外でしょう。

評価結果

提出されたエントリーシート43件を読みました。評価の基準はいくつかあります。人生とか人格を評価するものではありません。指定スタイルの中で「どれだけ考えて書いているか」を中心に、マッチングや熱意なども評価するようにしています。結果は以下の通りです。
A+ 7名
A 10名
A’ 4名
B+ 8名
B 6名
B’ 2名
C 6名
では、どこに線を引くか。常識的にはA+とAで17名というのがふつうでしょう。この17名は申し分ない。でも、読んでみて「ここまで来たんだからチャンスをあげたい」という人たちもいます。となるとA’とB+まで受け容れられるかな。ということでB+までゴーサインを出すことにしました。合わせて29名。要項で2次募集もすると宣言しているので、そこで数名Aクラスのエントリーシートを書いてきた人にゴーサインするとして30名プラスアルファでゼミをします。
さて、どうやるか? これから考えましょう。考えるべきポイントをメモしておきます。
・土曜日のゼミなので授業が少ない。なので事前に午前チームと午後チームに分けてゼミをする。午前は2限目とお昼休み、午後チームは3限と4限を使うとする。とは言え、相互浸透でよい。
・4年生に手伝ってもらう。
・Workspaceを活用する。
・基本的にアクティブラーニング。
・この人数だと日程調整が難しいので、お茶会をたくさんやって雑談をする。
なお、合格者の発表は経済学部全体の日程でおこないます。合格発表の段階で個々にお知らせをします。以上のような経緯から、すぐにネット上でコミュニティを作ってチームとして動けるようにします。野村ゼミは基本的に前のめりでやります。

Read More

5月 302017

ゼミ第1次選考応募状況

おはよう! 今、午前4時55分の段階で希望者44人です。経営学科が多くなっていますが、そのうち9人は私が担当したクラスの子たちでした。だから、そんなにマーケティングとかとくに期待されているというわけじゃないみたい。見かけ上の希望者が多くても、下記の経済学会サイトからリンクされた情報をほとんどチェックしないで応募する人も少なからずいるので、たいていは力作を書いた人を選抜するだけでいいんですが、今の2年生は全員アクティブラーニングをクリアしてきた人たちなので、みんながみんな力作を書いてきたらどうしようか。若干うろたえています。

Businessman working with a business plan. Financial, currency, technology and money concept.

Read More

5月 262017

2年生ゼミのための文脈棚

ゼミのシラバスにあげた本の棚写真です。一応,私の中では「文脈棚」のつもり。どんな文脈かはシラバスで。ちなみに今年度から野村ゼミはビジネススキルの方にシフトしますが、経営論とかマーケティング論とはあまり関係がありません。あくまでもトランスメディア・ワーカーへの直行リンクを目指します。過去にとらわれないで、未来派で行こう!

Read More

5月 252017

野村ゼミQ&A

Q 野村ゼミは好きなことが自由にできるんですよね。
A いいえ、そんなことは言っていません。募集要項の「キーワード」を読んで下さい。

(2) キーワード
シラバスでは「到達目標」として公式文体で書いてあります。突っ込んで表現すると,こんな感じ。納 得できないときは事前に質問してください。卒業式まで、これで通します。
・ノンジャンル(好奇心いのち! 好きか嫌いかはどうでもいいじゃん
・速攻(前のめりでスタートダッシュ! スピード感を優先する)
・プロダクト(ひたすら作品づくり! 作ってみないとわからない)
・即興と対話(手ぶらで何が言えるか、何ができるか、何をわかりあえるか)
・オープンなマインドセット(すべて公開する不屈の根性)

Q じゃあ、先輩がおっしゃっていた「自由」って、どういうことだったんでしょう。
A ああ、それは「一定のスタイルの中で、自分たちで企画を立てなさい。コンテンツは自由だよ」ということを指しているのでしょう。それを「自由に何でもできるよ」と表現しているのです。勧誘の表現としてはいいんだけど、ちょっとボキャ貧かもね。
Q 「一定のスタイル」というのは、どういうことですか。
A それはメディアの形式とコンテンツのスタイルのことです。それは私があらかじめ計画を立ててシラバスに明示してあります。「メディアの形式」とは、シラバスの中では「新書形式」とか「ラジオトーク」という言葉で示しています。「コンテンツのスタイル」というのは論文なのかドキュメントなのか記事なのか物語なのかといったことです。たとえばシラバスの中では「ブックレビューによる新書制作」というのがあるでしょう。これは書評を書いて新書というメディアの形式として作品にするという意味です。
Q そう言えばシラバスにはたくさんの本のリストがありましたね。あれ、全部読むんでしょうか。
A 私は全部読むつもりだけど、みんなには選択してもらいます。まったくの自由ではなく、選択肢をたくさん用意しておいて「そこから選びなさい」というやり方をとります。
Q 先輩からのチェックは強いんですか。
A うちはかなり弱いと思います。後輩の面倒見はよくないですが、おせっかいもあまりありません。期によって集まるメンバーがかなり異なるので、なるべく同期の意向を尊重しています。ただし、今回の募集でメンバーが多数になったときは4年生に手伝ってもらうつもりです。とは言え、2年生は全員アクティブラーニング経験者ですが、4年生はそうではありませんのでFAのような感じにはなりません。
Q エントリーシートが難しいです。どうすればいいでしょうか。
A ま、自分の考えたことを書くのですから、内容はひとりひとりちがうでしょうし、調べて書くわけでもないから、それなりに書けると踏んでいます。ただし「考える」ということをしないと何も書けないと思いますよ。「考えて下さい。それを書いて下さい」というのがエントリーシートの主旨です。考えたかどうかが選考の条件です。もともと優秀だとか、実績がありますとかはどうでもいいと考えています。人それぞれに、これまでの大学生活を反省し、残りのの大学生活を構想してほしいのです。野村ゼミへの志望動機ではありません。最近思うのは「志望動機なんて、いらない」ということで、経済学部の推薦系入試でも原則として志望理由書は廃止しましたし、面接でも問題にしないことにしました。「動機のボキャブラリー」を使用して語るということにすぎないと考えます。私は「テンプレ面接」と呼んで撤廃を提案してきたのでゼミでも同様のことをします。
Q 受かるかどうか不安です。倍率はどうなんですか。
A それは,1つ前の投稿で書いておきました。どうなんでしょうね。3年生はいないですが、しっかりした4年生がいるので手伝ってもらえれば多少の大人数でもゼミはできると思っています。気持ちとしてはエントリーシートをちゃんと考えて書いた人ならゼミに入ってもらいたいし、かりに大人数になったらチームAチームKチームBに分けてやれるんじゃないかとか、昔から言っています。ただし、たとえばこの文章を事前に読んでなくて適当に書いたものが来ることもけっこうあって、私の意図が伝わっていない場合は今後も伝わらないことになるのが必定なのであらかじめ遠慮してもらいます。それはわかるんですよ。たったこれだけの情報をこなしきれない人って。だから、kgi.tokyo.jpにリンクしてあるものはちゃんと読んで納得してから応募してほしいと願っています。これはすべてのゼミに共通です。そういう明確な考えがあってkgi.tokyo.jpの直行リンクも作っているのです。
Q これから相談はできますか。
A 今週は研究会もあるので時間が取れません。来週早々なら研究室にいます。それじゃ間に合わないでしょうからメールかLINEかで質問して下さい。質問は具体的にお願いします。ネットでの応答には慣れています。

Read More

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。