Socius  ソキウス   著作+制作 野村一夫
 http://socius.jp 最近の著作

現在地 ソキウス(トップ)>最近の著作

最近の著作

■概要
 わたくし野村一夫の最近の著作物をリストアップしておきましょう。90年代以降の仕事はソキウスで公開しています。このさい、分散しがちなネット系の書き物も(忘却の彼方に行ってしまわないよう)リストアップしておきます。一部、外部サイトにリンクしていますので、迷子にならぬようご注意ください。
■単著単行本
  1. 『社会学感覚』文化書房博文社、1992年3月20日刊、全560ページ。増補版、1998年4月20日刊、全690ページ。
  2. 『リフレクション──社会学的な感受性へ』文化書房博文社、1994年7月10日刊、全290ページ。新訂版、2003年9月15日。
  3. 『社会学の作法・初級編──社会学的リテラシー構築のためのレッスン』文化書房博文社、1995年3月10日刊、全222ページ。改訂版、1999年3月10日、全232ページ。
  4. 『インターネット市民スタイル【知的作法編】』論創社、1997年2月15日刊、全226ページ。
  5. 『インフォアーツ論――ネットワーク的知性とはなにか?』洋泉社(新書y)、2003年1月22日刊、全192ページ。
  6. 『子犬に語る社会学』洋泉社、2005年1月21日、全176ページ。
  7. 『未熟者の天下──大人はどこに消えた?』青春出版社、2005年12月15日、全186ページ。
■編書単行本
  1. 『マックス・ウェーバー宗教社会学関係文献目録』(栗原淑江さんと共編)文化書房博文社、1989年10月20日刊、全198ページ。
  2. 『健康論の誘惑』(佐藤純一さん・池田光穂さん・寺岡伸悟さん・佐藤哲彦さんと共著)文化書房博文社、2000年10月20日。「『健康論の誘惑』を読み解く」「健康クリーシェ論」「健康の批判理論序説」および編集担当。
  3. 法政大学大原社会問題研究所編、梅田俊英著『ポスターの社会史――大原社研コレクション』ひつじ書房、2001年10月25日刊、全ページ。(編集・「イントロダクション」・CD-ROM制作などプロデュース担当)
■共著単行本
  1. 『社会学のプロフィール』(大梶俊夫・山崎純一・栗原淑江・杉山由紀夫・森幸雄の各氏と共著)八千代出版、1995年4月8日刊、全265ページ。(「専門家支配のパラドックス――医療と社会」と「メディアの影響力と受け手の能動性――マス・コミュニケーション」の章を担当)
  2. 佐藤純一編『文化現象としての癒し――民間医療の現在』メディカ出版、2000年12月10日刊。(第3章「メディア仕掛けの民間医療――プロポリス言説圏の知識社会学」担当)
  3. 野村一夫・北澤一利・田中聡・高岡裕之・柄本三代子『健康ブームを読み解く』青弓社、2003年7月20日刊、全232ページ。(「第1章 メディア仕掛けの『健康』」担当)
  4. 洋泉社ムック編集部編『子犬に語る社会学・入門』(洋泉社MOOK シリーズStartLine 2)洋泉社、2003年11月8日刊。(「part.I 社会学のイロハがわかる!子犬に語る社会学」(8-80ページ)担当。ただし本文と見出しのみ)
  5. 飯島裕一編著『健康不安社会を生きる』岩波新書、2009年10月20日。「『健康言説』の世界」を担当。
  6. 早川洋行編著『よくわかる社会学史』ミネルヴァ書房、2011年4月20。「V 準拠集団」を担当。
■翻訳書・・ただしかなり昔
  1. アルノルト・ツィンゲルレ『マックス・ウェーバー――影響と受容』(井上博二・大鐘武・岡澤憲一郎・栗原淑江の各氏と共訳)恒星社厚生閣、1985年3月25日。
■学会機関誌掲載論文・・これもかなり昔のもの
  1. 「ジンメルと役割理論――受容史的接近」『社会学史研究』(日本社会学史学会)第9号、1987年6月30日、64-82ページ。
  2. 「社会学的反省の理論としてのジャーナリズム論」『新聞学評論』(日本新聞学会)第36号、1987年4月30日、29-41ページ。
■1996年以降の論文・連載・書評・エッセイなど
  1. 「ダブル・スタンダードの理論のために」『法政大学教養部紀要』第98号社会科学編、1996年2月、(1)-(30)ページ。
  2. 「個人ホームページの力、電子メールの力――社会学専門ウェッブSOCIUSの経験から」『日本語学』(明治書院)1996年11月号「特集 電子社会のコミュニケーション」47-56ページ。
  3. 「インターネット 世界への扉」全50回連載(週一回)『聖教新聞』1997年。
  4. 「病気と健康の日常的概念の構築主義的理解」(池田光穂さん・佐藤純一さんと共著)『健康文化』(明治生命厚生事業団)No.4、1998年3月。
  5. 「ブックガイド・九〇年代の社会と社会学」『社会学感覚【増補版】』(文化書房博文社)1998年4月20日刊。
  6. 『日本の広告における健康言説の構築分析』平成10年度吉田秀雄記念事業財団研究助成報告書、1999年3月提出(池田光穂さん・佐藤純一さん・寺岡伸悟さん・佐藤哲彦さんと共著)。「第3章 健康言説の諸類型――クリーシェ諸類型と培養型ナヴィゲート構造の分析」を担当。
  7. 「ウェッブが壊す学習の構図」『コンピュータ&エデュケーション(CIEC会誌)』Vol.6、柏書房、1999年5月。
  8. 書評「野口悠紀雄『「超」整理法3――とりあえず捨てる技術』中公新書」『潮』第487号(1999年9月)298ページ
  9. 「健康の批判理論序説」『法政大学教養部「紀要」第113・114号自然科学・社会科学編』(2000年2月)1-27ページ。
  10. 「紹介と書評 中河伸俊『社会問題の社会学――構築主義アプローチの新展開』世界思想社」 『大原社会問題研究所雑誌』第497号(2000年4月)90-95ページ。
  11. 「宗教報道の社会学」全6回連載(月一回)『聖教新聞』2000年2月22日-7月18日。
  12. 「紹介と書評 平英美・中河伸俊編『構築主義の社会学――論争と議論のエスノグラフィー』世界思想社」『大原社会問題研究所雑誌』第508号(2001年3月)67-71ページ。
  13. 「インフォテック対インフォアーツ――インターネット関連言説における構図転換のための試論」『生活協同組合研究』vol.305、2001年6月号(生協総合研究所)26-31ページ。
  14. 「近未来インターネットの人間的条件」『教育と医学』2001年7月号(慶應義塾大学出版会)28-35ページ。
  15. 佐藤純一編『100問100答 医療のふしぎ』河出書房新社、2001年10月25日刊。(3問のみ担当)
  16. 「書評と紹介 池田光穂著『実践の医療人類学――中央アメリカ・ヘルスケアシステムにおける医療の地政学的展開』」『大原社会問題研究所雑誌』第521号(2002年4月)69-70ページ。
  17. 「書評と紹介 柄本三代子著『健康の語られ方』」『大原社会問題研究所雑誌』第531号(2003年2月)76-77ページ。
  18. 「社会問題研究リソースの構想と反省」『インターネットは社会問題構築にどのような影響をおよぼすのか:社会問題に関するWEBサイトの内容分析』(法政大学大原社会問題研究所ワーキングペーパーNo.12、2003年2月)11-24ページ。
  19. 「メディアがつくる『健康意識』の功罪――『健康』は信仰なき時代の?新しい宗教だ?」『望星』2003年4月号(インタビュー構成記事)。
  20. 「<コメント>ジンメルを思い出す」『ジンメル研究会会報』第8号(ジンメル研究会、2003年3月25日)16-18ページ。
  21. 「健康食品プロポリス関連言説における健康の概念――メディア論的構築主義の視点から」『病気と健康の日常的概念に関する実証的研究』平成11年度〜平成13年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書、2003年3月、92-110ページ。
  22. 「『インフォアーツ』とはなにか?」CIEC(コンピュータ利用教育協議会)会誌『コンピュータ&エデュケーション』Vol.14(柏書房、2003年5月30日発行)3-7ページ。インタビュー(インタビュアーは赤間道夫・愛媛大学教授)。
  23. 書評「21世紀は『新・老人文化の幕開け』になるか」メディアと経済思想史研究会の会誌『メディアと経済思想史』Vol.4(2003年5月発行)4-5ページ。(セオドア・ローザック『賢知の時代――長寿社会への大転換』桃井緑美子訳、共同通信社、2000年10月刊)
  24. 「ネットワーク時代における社会学教科書の可能性」『フォーラム現代社会学』第2号(関西社会学会発行、世界思想社発売、2003年)6-13ページ。
  25. 「ネットワーク時代の情報倫理とインフォアーツ」『看護展望』Vol.29 No.4(2004年3月号)43-46ページ。
  26. 「書評と紹介 R.N.プロクター著/宮崎尊訳『健康帝国ナチス』」『大原社会問題研究所雑誌』第552号(2004年11月)73-74ページ。
  27. 「社会学の終わりとジンメル的エートス――ディシプリン的知識空間をめぐって」『高野山カンファレンス2004デュルケーム=ジンメル合同研究会報告書』ジンメル研究会・デュルケーム/デュルケーム学派研究会、2005年3月20日、16-23ページ。
  28. 「書評 マリオン・ネスル『フード・ポリティクス』」「図書新聞」2721号(2005年4月9日付)
  29. 「デジタル・アーカイブスの冗長性とオープン性――大原社研での公開作業をめぐって」『Computer&Education』誌Vol.18(CIEC発行、東京電機大学出版局発売)2005年6月1日、21-26ページ。
  30. 対談「健康言説とメタメディカライゼーション」(佐藤純一氏との対談)『談』七四号、たばこ総合研究センター、2005年8月31日、57-84ページ。
  31. 「書評と紹介 宮田加久子著『きずなをつなぐメディア−ネット時代の社会関係資本』」『大原社会問題研究所雑誌』第568号(2006年3月)80-82ページ。
  32. 「書評と紹介 森健著『グーグル・アマゾン化する社会』」『大原社会問題研究所雑誌』第581号(2007年4月)72-74ページ。
  33. 「けんこうブーム考11-16実体ない「言説」の世界1-6」『信濃毎日新聞』2007年8月19日 〜 平成19年9月23日(インタビュー・飯島宗一)全六回。見出しは以下の通り。(1)医学とは異質な論理(2)科学と伝統主義が同居(3)古い道徳観や弱みつく(4)メディアが公共性を付与(5)プロポリスの変遷を分析(6)正統と異端 闘争の歴史
  34. 「社会学を伝えるメディアの刷新」『社会学評論』第232号、日本社会学会(発売 有斐閣)、2008年3月31日、506-523ページ。目次 1 テキストとウェブ制作の現場から 2 社会学テキスト制作の実践的問題から理念的問題へ 3 社会学ウェブ──新しいディシプリン的知識空間の拡張 4 社会学教育的情報空間をつくる
  35. 「書評と紹介 美馬達哉著『〈病〉のスペクタクル──生権力の政治学』」『大原社会問題研究所雑誌』第595号(2008年6月)72-73ページ。
  36. 「書評と紹介 ナヤン・チャンダ著『グローバリゼーション 人類5万年のドラマ』」『大原社会問題研究所雑誌』 616号(2010年2月)79-80ページ。
■猪瀬直樹編集メールマガジン「MM日本国の研究――不安との訣別/再生のカルテ」2001-2002年
■オンライン書店bk1書評コラム「ほうとう先生の芋づる式社会学」2000年
■オンライン書店bk1エディター書評2000-2001年
  1. 大人になることの困難をみつめよう
  2. 転んでも起きても〈モンダイがある〉な近代日本
  3. おいしいところだらけの社会学
  4. 言葉と行動が作品化する〈幸福な社会とわたし〉
  5. 「メディア目線」で見ていますか?
  6. 文体の政治にひそむ〈女〉の影を追う
  7. 数十年の思考の産物だからこそ可能な〈直球〉の議論
  8. 仕掛けられたアニメ番組?
  9. これはたんなる続きでもなければ書き換えでもない。
  10. 最前線を走ってきた編者による、ひとつの方向性の提示。
  11. ユニークな大衆文化論
  12. 「鉄の檻」と格闘した巨大な知性の足跡を追う
  13. 被害−加害関係を軸にした社会学的な環境問題史
  14. 歴史的な分水嶺としてのデジタルデバイド
  15. テクハラの誘惑
■オンライン書店bk1連載「ソックス定点観測」2001年
[1]ぼちぼちとルーズに行きましょう(2001.4.22)
[2]ゴッフマンの『スティグマ』が改訳(2001.4.26)
[3]フェミニズム的転回叢書刊行開始(2001.4.28)
[4]ミードのもうひとつの社会心理学講義(2001.4.28)
[5]テーマパーク化する都市を社会学する(2001.5.13)
[6]社会構築主義はこれからだ(2001.5.15)
[7]オンデマンド出版に期待する(2001.5.17)
[8]国際結婚は日本産である(2001.5.19)
[9]集合的沸騰の社会力学(2001.5.21)
[10]犯罪学的想像力を培うために(2001.5.23)
[11]スティグマになった大学型知識(2001.5.25)
[12]デジタル・ネットワーキングは公共圏を再生するか(2001.6.3)
[13]死に臨む患者をめぐる情報過程を問う(2001.6.10)
[14]ハッカーの倫理と情報時代の精神(2001.6.25)
[15]新世紀を切り開くマクドナルド化(2001.7.4)
[16]玄人筋の社会学者ジンメルの逆襲(2001.7.11)
[17]ハンバーガーが構築する食物連鎖の鉄の檻(2001.8.13)
[18]アドルノの授業をひやかしに行く(2001.9.8)
[19]世界システム論から歴史的現在を見直す(2001.9.20)
[20]老いに投影される近代(2001.10.11)
[21]21世紀の地球社会にどう立ち向かうか(2001.10.25)
■オンライン書店bk1連載「ミックス定点観測」2001年
[1]幅広くハイパー仕様でまいりましょう(2001.4.22)
[2]なぜマックはかわいいのか(2001.4.26)
[3]カメラマンでなくジャーナリストであること(2001.4.27)
[4]マクルーハンから見る現在(2001.4.29)
[5]やはり原稿書きにはエディタでしょう(2001.5.2)
[6]メディア構想の150年を集成する(2001.5.14)
[7]テレビと新聞とインターネットのはざまで悩む報道現場(2001.5.16)
[8]それでも若者は出版界にあこがれる(2001.5.19)
[9]和歌山毒入りカレー事件報道を疑う理由(2001.5.22)
[10]人文社会科学系情報教養のモデル(2001.5.27)
[11]美的生活とトンネル会社、あるいはエッチの起源(2001.6.4)
[12]カルチュラル・スタディーズはスポーツをどう見るか(2001.6.16)
[13]視覚文化研究の方法論的総合(2001.7.8)
[14]大学の教室に響くニール・ヤング論は電脳羊の耳に届くか(2001.7.23)
[15]お手本的インターネット批評の射程(2001.8.29)
[16]ハリウッド映画にカルスタを応用してみたら(2001.9.9)
[17]ロック〈場〉の理論の説明力(2001.9.13)
[18]スポーツする身体・遊ぶ身体をカルスタする(2001.9.27)
■オンライン書店bk1インタビュー企画など(削除されたようです)
  1. 藤崎宏子氏インタビュー「家族研究の現在」(全6回)
  2. 栗原彬氏インタビュー(全4回)
  3. 佐藤学氏インタビュー(全15回)
  4. コリアンドリーム! 水越伸氏インタビュー(全2回)
  5. 座談会 健康文化を内破する――医療社会学の最前線(全6回)
  6. 『社会的ジレンマ』山岸俊男氏インタビュー(全5回)
  7. 菅谷明子氏インタビュー 新世紀のメディア・リテラシーへ(全9回)
  8. 第121回紀伊國屋セミナー『シリーズ越境する知』(東京大学出版会)刊行記念セミナー『知を内破する −ひきこもる市民社会の彼方へ』(東京新宿・紀伊國屋ホール)感想

現在地 ソキウス(トップ)>最近の著作
SOCIUS.JPドメインへの初出 12/24(Mon), 2001  
このページのURLは http://
Kazuo Nomura(野村一夫) 無断転載はご遠慮ください。リンクはご自由に。
Valid XHTML 1.0!Document type: XHTML 1.0 Transitional