Socius  ソキウス   著作+制作 野村一夫
 http://socius.jp 

現在地 ソキウス(トップ)>インターネット市民スタイル【知的作法編】

インターネット市民スタイル
【知的作法編】

詳細目次

 『インターネット市民スタイル【知的作法編】』(論創社1997年2月刊)は、並製四六判226ページ、本体価格1500円です。400字詰め原稿用紙換算でほぼ400枚です。版元の論創社はかつて理論誌『国家論研究』を出していた硬派の人文書専門出版社です。
 『インターネット市民スタイル』は基本的にパソコン通信とインターネット初心者への招待状です。いわば「市民派のためのインターネット入門」です。
 1996年執筆のものですので、日本語圏ではインターネット普及過程のごく初期にあたります。コンテンツもインターネットよりニフティのほうが充実していた時代です。21世紀の今日ではすでに骨董品になっていますので、ソシオリウムでは終章の「中間考察」だけを展示します。

はじめに

引用文掲示+使用上のご注意
だれかがあなたを待っている

第1部 オンライン生活への招待

【1】オンラインな市民生活とは何か
パソコン通信とインターネット
オンラインな人、オフラインな人
英語とコンピューター用語の壁
マス・メディアのことば
【2】「オンラインな人」のなり方
インテリジェントなシステムづくり
ネットワーク環境をつくる
オンラインで見る・読む・探す
市民スタイルでいこう!

第2部 オンライン知的実践マニュアル

【1】ニュース・ウォッチャーになる――時間と場所に制約されない情報収集
ニュース速報を読む
オンラインで読むニュース
クリッピング
記事データベースの検索
オンラインニュースの将来
【2】学びたいときにこそ学問する――インターネット時代の生涯学習
生涯学習の再定義
学ぶ仲間を見つける
学ぶ場所の探索
学問するホームページ
オープンな専門知識へ
【3】図書館を散歩する――自宅でできる文献探索
データベースで資料を探す
OPACで検索する
オンラインで本を買う
仮想図書館とE-text
書評リンクスの構想
【4】利害を超えて交際する――電子メールによる新しい社交の誕生
電子メールの相手
電子メールの活用
電子メールの効用
電子メールのしくみとトラブル
電子メールの作法
【5】理性的に議論する――公共的世界への参加
対話の場所
電子会議室に参加する
メーリングリストに参加する
ネットニュースに参加する
討議の作法
【6】事情通になる――マニアとの交流、業界のプロとの交渉
経験知の世界
業界のプロとの交渉に備える
ディレッタントでいこう!
【7】社会の境界線を超える――オンラインの世界が構想する〈もうひとつの社会〉
マス・メディア依存のコミュニケーション
障害を超えるためのインターフェイス
世代の境界を超える
女性とインターネット
民族の境界を超える
社会の境界線を越境する可能性

第3部 シックなウェッブ構築法

【1】HTML集中講座
ミニマムなウェッブ
ハイパートレイルの構成
公開の手順
【2】ハイパーテキストのユーウツ
リンクの作法
全ページに署名を入れよう!
ファイルネームの作法
著作権の作法
応答メールの作法
日本語コードの作法
機種依存文字の作法
ローカル・キャッシュの呪い
稍重仕様のホームページ
深夜のトラブル
時間軸で構想しよう
インターネットは論じるものではなく使ってみるものだ
インターネットのメディア特性は「公開せい!」
ことば、ことば、ことば
画像は明るめに
注文の多いウェッブと禁欲ウェッブ
電磁波被曝に気をつけて
【3】コンテンツ別ウェッブ構築法
プロフィール系ウェッブ
日記系ウェッブ
学術系ウェッブ
自学自習系ウェッブ
運動系ウェッブ
展覧会系ウェッブ
個人ジャーナリズム系ウェッブ
地域発信系ウェッブ

第4部 中間考察 インターネットとシティズンシップ

インターネットのダークサイド
主題を共有すること
ハイパーテキストとしての社会
フリーライダーから支える人へ
市民スタイルという思想
演劇的世界としての仮想現実
自分を再構築するメディア

あとがき


現在地 ソキウス(トップ)>インターネット市民スタイル【知的作法編】
SOCIUS.JPドメインへの初出 7/18(thu), 2002  
このページのURLは http://
Kazuo Nomura(野村一夫) 無断転載はご遠慮ください。リンクはご自由に。
Valid XHTML 1.0!Document type: XHTML 1.0 Transitional