Socius  ソキウス   著作+制作 野村一夫
 http://socius.jp 

現在地 ソキウス(トップ)>社会学の作法・初級編【改訂版】

社会学の作法・初級編【改訂版】

社会学の作法・中級編のために(1999年改訂版を2000年5月4日改訂)

 本書でふれなかった古典の読書・外書講読・卒業論文・大学院入試などは、いわば「社会学の作法・中級編」である。そのため本書ではあえてそれらに言及するのを避けている。
 そもそもわたしが本書を企画した動機は、当時市販されているマニュアルが、学び始めたばかりの初級者にとって、いささか敷居が高いという現実にあった。大学での指導にしても、教員の要求する水準がプロ級に高いため学生がついていけず、結果的に虻蜂とらずに終わってきたところがあったと思う。たとえば「卒論となると、たんに文献を要約しただけではダメだ。批判的に読んで自分なりに考察しなければ論文とは言えない」と要求しても、それ以前に読書する習慣さえない学生には無理な注文である。せいぜい主観的な感想なり「いちゃもん」をつけて「オリジナリティ」めいたものを演出するのが関の山であり、結果的にそういう非学問的な要素を「オリジナリティ」として評価せざるをえないという淋しい現実を生むだけである。
 わたしの実感では、現代学生の器用さはかなり高い。現代学生が社会学のイニシャル・ステップに失敗してきたとすれば、それはある程度まで教える側の責任ではないかとも思う。それゆえプライマリ・ケアが必要だ考えたのである。だからこの本ではごくごく初歩的なアドバイスにとどめ、あまり多くのことを述べないようにしてきた。そのかわり、まずはそれらをきちんとこなしてほしいということだ。
 しかし、いつまでもこの段階にとどまる必要はない。ある程度の自信がついたら、本書から離れ、どんどん掟破りをしながら、自分なりの流儀をつくりあげていっていただきたいと思う。そしてさらに自分のワンパターンをもくずしていこう。
 というわけで、そのような中級編へ離陸する方々のための水先案内役として若干の読書案内をしておこう。なお、我田引水だが本書の姉妹編も含まれている。(一九九八年末現在)

学問あるいは〈ことばの闘争〉について

社会学文献案内

研究総論

本の読み方

思考法

社会調査論

理論構築の方法

質的調査法

フィールドワーク

ライフヒストリー研究(生活史調査)

計量系調査研究

内容分析

論文を書く

パソコンを利用した論文作成

論文スタイル

用語法

本づくり

研究生活構築術

研究計画書の作成

社会学を学ぶ意味

Prev←→Next

現在地 ソキウス(トップ)>社会学の作法・初級編【改訂版】
SOCIUS.JPドメインへの初出 7/18(thu), 2002  
このページのURLは http://
Kazuo Nomura(野村一夫) 無断転載はご遠慮ください。リンクはご自由に。
Valid XHTML 1.0!Document type: XHTML 1.0 Transitional